日本で『電動キックボード』が普及するのはもう少し先になりそうです・・・スマートに移動を彩る電動モビリティ

電動キックボード キックスクーター uncategorized


電動モビリティの中でも、キックスクーター(キックボード)の勢いが数年まえから加速しています。

特に海外での普及率は高く、渋滞などが頻発する都市部などでは、移動手段としてたいへん人気です。

下の写真をみてください。なんかおしゃれ(笑) 

原付よりコンパクトで置き場所にも困らず、気軽で軽快に移動できるのが魅力です。

運転免許を保持しているなら『電動キックボード』に乗ってみませんか?スマートに移動を彩る電動モビリティ
東洋経済オンライン


電動キックボードの日本での扱い(公道走行は可能なの?)

電動キックボードの日本での扱い(公道走行は可能なの?)

1.【日本における法的な扱い】

動力のないもの

道路交通法76条4項3号では『交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。』を罰則付きで規制している。この条文では車両または遊具の指定はないため、「ローラー・スケートまたはこれに類する行為と」されれば規制を受ける。なお、この「ひんぱん」の基準に関しては明確な基準はないが、おおよそ、他の歩行者や車両等との交通の危険が生じうる程度の交通量がある場所と解される。

法律上ではあまり明確化されてはいない様ですね。

動力があるもの

電動機や内燃機関付きのキックスケーターは、法令上、道路交通法および道路運送車両法の双方で、原動機付自転車または自動車扱いとなる。よって、様々な規制法令に不適合となる電動機や内燃機関付きのキックスケーターをそのまま公道で運転すると、法律上は原動機付自転車または自動車を運転した事になり、そのままの状態では様々な法令により処罰される事になる。

上記の通り、買ったままのキックボードではヘルメットを被ってもNGということです。公道走行可能な電動キックボード

電動キックボードで公道を走行するためには

2019年時点、パルウェイ(Palway)やエアホイール(Airwheel)といったブランド名で、道路運送車両の保安基準に適合する製品の販売が始まっている。

法令上は原動機付自転車となるため次の義務等が課される。

  • 運転免許の取得義務(原付免許または上位免許)

  • 運転免許証の携帯義務。

  • 自賠責保険への加入義務と、自賠責保険証書の携行。

  • ナンバープレートの取得

  • 歩道、路側帯、自転車道は一切通行できない。

  • オートバイ用ヘルメットの装着義務。

また、自動車損害賠償保障法に基づき人身事故に対する損害賠償につき無過失責任が適用される。よって、自動車任意保険にも合わせて加入する事が望ましい

公道走行可能な電動キックボードほか(キックスクーター)

おすすめの電動キックボード(キックスクーター)

電動キックボードは以下の様に分類できます。

  • 保安部品(方向指示器など)を標準装備し、ナンバーを取得すればすぐに公道を走れるものと
  • 私有地などに限定(公道不可

しかし残念ながら公道走行可能なキックボードは、クラウドファンディングなどでしか見かけたことがない・・・しかもほぼ終了しているし(´;ω;`)

ドン・キホーテ系列店で公道可能な電動キックボードが発売されましたが、これは不備がみつかり販売中止という状態。

私有地限定(公道不可)の電動キックボード

Segway-Ninebot Kickscooter ES2

セグウェイ ナインボットの 電動キックスクーター 折りたたみです。日本の公道は走れませんが、デザインがとても良いキックボードです。

  • サイズ:折畳時:1130mm×430mm×400mm
  • メーカー保証:1年
  • 対応身長120~200cm
  • 本体重量約12.5Kg
  • 最高時速約25km/h
  • 航続可能距離約25km
  • 充電時間約3.5時間

公道走行可能な電動キックボード

FG-ESR002-BK (ドンキで販売 電動キックボード)

追記FG-ESR002-BKは不備がみつかり販売中止だそうです。

何とか再販できるようになってほしいものです。期待しています。

とりあえずその時の為にスペックなど記しておきます。

販売はドン・キホーテ系列店舗にて。価格は4万3780円。

3時間の充電で最長約15kmまで走行可能だそうです。

そのほか、公道走行に必要なバックミラー、方向指示器、テールランプ、ナンバープレートホルダーも装備する。ナンバーを取得した本製品は50ccの原動機付自転車と同等の扱いとなるため、運転には有効な運転免許証が必要なほか、走行時にはヘルメットの着用が義務付けられる。ナンバーの取得は、同封する「標識(ナンバープレート)交付申請について」を参照するか、居住地の自治体(市町村役場)に問い合わせてほしい。

引用:週刊アスキー

Makuake で一応探してみる

あとがき

なんかとても残念な記事になってしまいましたが、日本における電動キックボードの状況などは伝わったかと思います。

冒頭で載せた海外の写真のような感じにはまだまだなりそうにありませんが、一応私有地限定ということで電動キックボードの利用は可能ですので、お金に余裕のあるかたは購入してみるのもいいかもしれません。

私は無理ですけど・・・(笑)

Hits: 179

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

タイトルとURLをコピーしました